ジオ・トラベルinいばらき開催


茨城県自然学物館第59回企画展

ジオ・トラベルinいばらき

ー5億年の大地をめぐる旅ー

 

茨城県には日本で最も古い地層があり、大地の起源は約5億年前にまでさかのぼることができます。また、有名な景勝地である筑波山や袋田の滝などの美しい景観は、その大地のなりたちと大きくかかわっています。

そして、平磯海岸の岩礁でみられるアンモナイト、五浦海岸で発見されたムカシオオホホジロザメ、常陸大宮市で最近発見された古代ゾウのステゴロフォドン、つくば市から土浦市を流れる花室川などを中心に数多く発見されているナウマンゾウなどの貴重な化石も、茨城の大地を語るうえでは欠かせないものです。

2011年には茨城県北ジオパークが日本ジオパークに公式設定されるなど、茨城県内の各地でみられる多様な地質がもつ意義は、広く認められつつあります。

本企画展では、悠久の時をたどりながら茨城県内の各地の地質の見所を次々と巡っていきます。

化石や岩石に残された記録をひもときながら茨城のジオ(大地)に目を向け、その成り立ちについて考えていきましょう。

 

開催期日

2013年10月12日()~2014年1月19日(

  • 10月12日()は午後1時からの公開となります。

 

開館時間

午前9時30分~午後5時

  • 入館は4時30分まで

 

休館日

毎週月曜日、及び12月28日()~1月1日(

  • ただし、10月14日、11月4日、12月23日、1月13日の各月曜日は開館し、翌日が閉館となります。

 

入館料

一般     720円

高校・大学生 440円

小・中学生  140円

  • この他、団体(20名以上)料金、年間パスポートも販売しております。
  • 未就学児、満70歳以上の方、障害者手帳をご持参の方は入館無料です。
  • この料金には、本館内常設展、野外施設入場料が含まれています。
  • 毎週土曜日は、小・中・高校生は入館無料です(冬休み期間除く)。
  • 11月13日(茨城県民の日)は無料入館日です。

 

記念行事

11月 4日()・・・自然観察会[日本最古の地層を観察しよう]

11月17日()・・・自然講座[どこまでわかったステゴロフォドンー発見とその意義ー]

12月22日()・・・自然講座[知っていますか?茨城のジオパーク]

  • 上記イベントは全て事前申込制となっております。

 

交通案内

車利用の場合

・常磐自動車道谷和原ICから20分

鉄道・バス利用の場合

・つくばエクスプレス・関東鉄道常総線守谷駅下車~関東鉄道バス「岩井バスターミナル行き」乗車~「自然博物館入口」下車、徒歩5分

・東武野田線愛宕駅下車~茨城急行バス「岩井車庫行き」乗車~「自然博物館入口」下車、徒歩10分

 

お問い合わせ

茨城県自然博物館

TEL 0297-38-2000

URL http://www.nat.pref.ibaraki.jp/

 

コメントは受け付けていません。