筑波山自然研究路の通行止めによるう回路通行について


筑波山自然研究路の通行止めによるう回路について

 

2014年4月に筑波山自然研究路(男体山周回コース)で大規模な岩石の崩落(高さ20m幅7m)が発生しました。そのために、自然研究路の通路が約7mにわたって欠損してしまい、通行できません。

場所は、立身石の先、約50m進んだ場所です。(案内看板4.「立身石の伝説」と5.「筑波山のブナ」の間)

 

 

2015年5月現在、この崩落個所を迂回して自然研究路を一周できるようになりました。長らく自然研究路をお楽しみいただけず、大変ご迷惑をおかけいたしました。

 

下記、図の通り、赤点線がう回路となりますので、そちらをご利用下さい。

自然研究路

う回路は自然研究路の案内看板5と6の間にあります。筑波山の男体山頂からおりて進むようになります。

 

崩落現場

2014年4月

 

 

 

本件に関するお問い合わせ

  • 茨城県生活環境部 環境政策課 TEL 029-301-2940
  • つくば市観光物産課 TEL 029-883-1111(代表)

 

コメントは受け付けていません。