笹の花が咲きました


筑波山の笹の花

 

筑波山の山頂付近には、登山道の脇に笹が茂っている場所が数多くみられますが、数年前から笹に花が咲き、開花後、笹が枯れるという光景を見られるようになってきました。

笹の花

調べてみると笹の花、竹の花というものは数十年(60年~120年)に一度の頻度で開花するそうです。

ロープウェイ女体山駅周辺

1世紀で一回咲くということからセンチュリーフラワーなどとも言われているそうです。

 

昔は、数十年に一度の光景であったため、不吉の前兆だと思われていたようですが、なかなかご覧になれない光景ですので、筑波山にお越しの際に見つけたら写真にとってみてはいかがでしょうか?

コメントは受け付けていません。